実家の墓地に地蔵堂がありました。

でも、地蔵堂の床下から竹が生えてきて、地蔵堂が押し上げられて壊れてしまいました。

その壊れた地蔵堂を持て帰って保管してあったので、修理する事にしました。



地蔵堂の屋根です。
IMG_20211117_133856
屋根は割としっかりしています。


本体はバラバラにして段ボール箱に入っています。
IMG_20211117_133841



材を並べてみました。

柱、壁、扉などがあります。
VID_20211119_101915.mp4_000008422



昭和六十年に親父が再建したと記した札がありました。
InkedIMG_20211117_134816_LI

昭和60年に親父が64歳でお堂を再建し、その息子が今63歳でお堂を修理しようとしています。

うーん、何か色々と考えさせられるものがあります。




材に苔やホコリが付いているので、ブラシで擦って汚れを落とします。
VID_20211119_101915.mp4_000054567


掃除し終わりました。
VID_20211119_105138.mp4_000006273



材がどこの部分か分からないので、仮組みをしていきます。

パズルの様でなかなか難しいです。
VID_20211119_105138.mp4_000692194


だいたい何処の部分かが分かりました。
IMG_20211119_105730
でも、柱を取り付ける土台がありません。


また、柱の下の部分は朽ちています。
IMG_20211119_105252



柱の部分は作り直した方がいいかな。

土台は新規に作る必要があります。



木材の買い出しに行きました。


木材の種類は何いいのかな?

やっぱり、檜かな。

ホームセンターを3店回ったのですが、43㎜角の柱にする様な檜の角材がありませんでした。

仕方ないので、45㎜角のホワイトウッドと土台にする60㎜角の檜を買ってきました。



明日から材木の加工を行っていきます。





最後まで読んで頂いて有り難う御座います。(*^_^*)

にほんブログ村のランキングです。
下のボタンをポチッと押して頂けると有難いです。m(_ _)m
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ   にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ